スポンサーリンク

Webライターがきついと感じる人へ…理由と解決方法を紹介

Webライター
Webライターがきついと感じる人へ…理由と解決方法
  • Webライターを始めてみたけど全然稼げない
  • 全然仕事が受注できない

こういったことから、Webライターはきついと感じてしまう人もいるのではないでしょうか?

この記事では、そんな悩みを解決できる方法をWebライター歴3年目の僕がご紹介します。

スポンサーリンク

Webライターがきついと感じる理由

どうしてWebライターきついと感じてしまうのか。その理由には、以下のようなものがあります。

稼げない

Webライターがきついと感じる1番の原因は、稼げないと感じてしまうことです。そして、稼げないと感じてしまう原因は、以下のようなものです。

  • 単価が低い仕事を受注している
  • 書くのが遅いため回転が悪い
  • どうやって稼いだらいいかわからない

Webライターで稼ぐには、速いライティングスピードが重要です。そのため、初心者や未経験者などの、ライティングに慣れていない人たちは書くのが遅く、稼げる金額も少なくなります。

時給を計算して絶望

これも書くスピードに関係していますが、報酬と書くのにかかった時間から時給を計算して「これは無理だ。稼げない」と感じてしまう人もいます。

時給500円ぐらいならまだいいほうです。初心者なら200〜300円になることも珍しくないでしょう。

こんなに頑張って時間をかけて書いたのにこれだけしか稼げないんだ・・・」となり、きついと感じてしまうのです。

これは多くの人が経験しているため、最初は仕方がない部分もあります。今30〜40万円稼いでいる人にもそういう時期はあったのです。

まえかき馬
まえかき馬

僕も時給100円くらいで仕事をした経験があります。以下の記事に書きました。

受注できない

稼げない以前に、受注できないという人もいるでしょう。

受注できなくてWebライターがきついという人の中には、いきなり本業としてWebライターを始めた人もいるかもしれません。

Webライターは、ランサーズ やクラウドワークスなどのクラウドソーシングで案件に応募しても、落選することはザラです。3年目の僕でもしょっちゅう落ちます。

ましてや未経験だったり、実績が少ないなら、落とされるのも仕方がないですよね。でもこれは仕方のないことです。

クライアントはお金を払うならどっちに払いたい?
・実績がない初心者
・実績豊富なプロ

考えるまでもなくプロですよね。

という感じで、そんな状態で本業としてWebライターをするなら、きつくて当然です。Webライター以外でもきついでしょう。

簡単に稼げると聞いて始めた

誰かに簡単に稼げると聞いて始めたものの、そんなに簡単には稼げなかったということもあると思います。

確かにWebライターは、他の仕事に比べると簡単に稼げます。特に必須ともいえるスキルはなく、日本語がわかっていれば問題なくライティングは可能です。

Twitterなどでも「1ヶ月目から10万円達成!」「3ヶ月目で40万円超えました」という人がいて、いとも簡単に稼げると錯覚してしまいます

まえかき馬
まえかき馬

でもWebライター3年目の僕からしたら、「誰でもできるか」と言われれば、そうでもないと思います。

このように不確かな情報で始めてしまうと、実際に始めたときの現実とのギャップにショックを受け「稼げない、きつい」となってしまうのです。

スポンサーリンク

解決方法

では、解決方法をみていきましょう。

  • 時給にすると低すぎる
  • 受注できない
  • 簡単に稼げない

これらの問題はどれも、「思ったより稼げない」という一点に集約されています。ということはつまり、まあまあ稼げるかそこそこ稼げるくらいになれば、解決できるといえます。

執筆スピードを上げる

稼ぐためには、執筆スピードの速さが重要です。記事を早く書き上げるためには、以下の3つのスピードが要求されます。

  • タイピングスピード
  • 構成作成スピード
  • 情報収集スピード

これらをどう鍛えるのかというと、地道に積み上げていくのが一番です。遠回りに思えますが、一番の近道です。

タイピングにおいては、寿司打のようなツールを使ってゲーム感覚で鍛えていくのがいいでしょう。ですが、構成作成や情報収集は練習するのは難しく、経験によりスキルアップしていく部分が大きいです。

まえかき馬
まえかき馬

ライティング講座を受講するのもいいでしょう。長い目で見てリターンを考えれば、こういったものに投資するのも悪くありません。

他に無料でできるものとしては、ブログを書くことです。たくさん記事を書くことで、構成作成が効率的にでき、文字も早くタイピングできるようになり、情報収集も速くなります。他にも多くのメリットがあるため、やらなければ損といってもいいほどです。

スポンサーリンク

なぜ始めたばかりで稼げる人がいるのか

前述の「1ヶ月目から10万円達成!」のような人は、たまたまタイミングよく案件を受注できたり、元々稼ぐためのセンスがあったり、といった人たちが多いと思います。始めたばかりで稼げる人は何が違うのでしょうか。

稼ぐ目的があった

何をやるときも、目的があるのとないのでは、結果が大きく変わってきます。「何が何でも今月中に10万円稼がなければならない人」と、「できれば5万円でも稼げればいいかな〜」という人では、本気度が全然違います。

そういった強い目的があれば、多少無理してでも低い単価で多くの案件をこなしたり、充てられる時間を全てライティングに費やしたりして、稼ぐことができるでしょう。

たまたまいい案件に巡り会えた

例えば、クラウドソーシングを登録したときに、たまたま看護師の案件の募集があって、自分も看護師の経験があった。という人は、看護師の案件を受注しやすくなります。Webライター業界では、経験はとても重宝されるからです。

このように自分の経験やスキルがマッチしている案件と巡り会えると、稼ぎやすくなります。継続の案件であれば、10万円稼ぐのも難しくはないでしょう。

稼ぐための細かいテクニックはいくつかある

簡単と言われているWebライターにも、稼ぐテクニックはいくつかあります。以下の記事も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自分で失敗を経験することが一番の勉強

僕がWebライターを始めたときは、「Webライターは簡単に稼げる」と言っている人たちを見かけなかったので、惑わされることはありませんでした。

まえかき馬
まえかき馬

もしそういう人たちの影響で始めていたら、「ぜんぜん稼げないじゃん!」となって、Webライターをやっていなかったかもしれません。

どんなことでも、事前に知っておいたほうが役に立つことは多いです。ですが、他人のやり方は自分に合わなかったり、人が言っていたことと自分が感じたことは違うということはよくあります。

一番いい方法は、自分で失敗しながら少しずついい方向へ修正していき、自分に合ったやり方を見つけることです。

「失敗は成功のもと」「すべての失敗は成功への一歩である」

など、失敗をすることが最も重要だとする格言は数多くあります。人の言うことに惑わされず、自分なりの方法を模索していくことが、真の成功への道だといえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました