スポンサーリンク

【無料あり】Webライターおすすめ本ランキングを現役ライターが選定【初心者必読】

Webライター

Webライターにこれからなりたいと思っている人、なって間もない人の中には、自分の文章に自信がもてない人もいるのではないでしょうか?

自信がないと、「仕事がもらえないかもしれない」とか「これで納品していいんだろうか?」と不安になってしまいます。

そういう不安を解決するためには、とにかくスキルアップすることが近道です。

そして、手軽にスキルアップする方法として最適なのが読書です。

ですが、Webライターの本は数多くあるため、どの本を読んだらいいのか分からないという人も多いでしょう。

そんな人たちのために現役Webライターが、Webライターおすすめの本をランキング形式でご紹介します。

すぐにランキングを見たい人は目次から飛んでくださいね。

この記事はこんな人におすすめ
  • これからWebライターを始めたい人
  • Webライターでスキルアップしたい人
  • Webライターで稼げていない人
スポンサーリンク

Webライターが本から学ぶべきスキルとは?

Webライターのスキルは良い記事制作のため、つまりクライアントのために学ぶものです。

なぜなら、Webライターはクライアントの望む文章を書く必要があるからです。

ということは、クライアントがどんなことを望んでいるのかが分かれば、おのずと何を学べばいいかが見えてきます。

実は、クライアントは主に以下のようなものを求めています。

  • 速く納品して欲しい
  • 正しい日本語・伝わる文章を書いて欲しい
  • 検索順位を上げたいのでSEOライティングをして欲しい
  • 集客できる、売上が上がる記事を書いて欲しい

要するに次の4つのスキルを学べばOKです。またプラスアルファで案件の受注数・文字単価を増やす方法などの、Webライターとして稼ぐ技術を知っておくと、収入が安定します。これらをバランス良く習得することで、他のWebライターより頭ひとつ抜けることができるでしょう。

  1. 速く執筆する方法
  2. 文章の書き方
  3. SEOの知識
  4. 集客・マーケティングの知識
  5. Webライターとして稼ぐ技術

速く執筆する方法

早く執筆することで得られるものは2つあります。

1つ目は早く納品することで、クライアントに喜ばれること。

2つ目は、早く書ければより多くの案件を受注できるため、どんどん稼げることです。

そのため、早く書く方法を学ぶことは大事なのです。

文章の書き方

正しい文章を書くのは、主に信頼のためです。

クライアントからの信頼もありますし、読者からの信頼もあります。

誰でもネット上の記事を読んでいて、日本語が不自然な文章を見つけたことがあると思います。

そんなとき、少し信用がなくなりませんか?ある情報が知りたいと思ってそのページに来たのに、そういった文章を見つけると、「この記事の内容信じられるのかな…?」と疑ってしまったことはないでしょうか。

それはクライアントも同じで、「この人の仕事はいい加減だな」と思われてしまいます。そういった理由で、正しい文章を書くことは重要なのです。

SEOの知識

SEOの知識を持っていることは、今やWebライターにとって必須レベルになってきています。

ただし、知識がなくてもある程度の仕事は受注できるため、初心者のうちは軽く知っておく程度でいいでしょう。

後ほどご紹介するSEOライティングの本は、漫画になっているのと、難しいSEOの話がわかりやすく説明されています。

Webライターは全員知っているというぐらいに定番の本ですので、これを読んでおけば十分でしょう。

集客・マーケティングの知識

どの記事も内容は違えど、最終的にはお金につながります。そのため、集客やマーケティングの知識があると、クライアントに上手く提案・説明できます。知識があると説得力が増しますので、「この人はできる人だ」と喜ばれて、継続の案件ももらえます。

案件の受注数・文字単価を増やす方法

Webライターが必要なスキルは、良い記事を作るためのものばかりで、いわばクライアントのために学ぶといっても間違いではありません。

ですが、案件の受注数や文字単価を増やす方法を知ることは、自分のためです。

副業としてやるなら問題はありませんが、Webライターとして生きていくのなら、そういったテクニックも必要になります。

ライター活動の仕方で売上が大きく変わることもありますので、先人の知恵である本から学ぶのは大事です。

スポンサーリンク

Webライターのおすすめ本ランキング

それでは、ここからWebライターのおすすめ本ランキングをご紹介します。

下位に行くほどおすすめできないというわけではなく、深いスキルが身に付くと思ってください。

Webライター初心者は1位から5位まで順に読んでいくことで、まんべんなく知識が習得できるため、おすすめです。

自分に足りないスキルのものを読むのもいいですね。

1.今すぐ始められるWebライターの入門書【副業OK】:未経験から在宅で月20万円を稼ぐ方法

今すぐ始められるWebライターの入門書【副業OK】:未経験から在宅で月20万円を稼ぐ方法

この本は、たなざわさんという夫婦でWebライターをされている方が書いた本です。

Webライターをされているだけあって、文章は読みやすく書かれていますし、実体験により未経験から20万円を稼ぐ方法まで書かれています。

そのため、Webライター初心者が初めに読む本として最適です。

得られるスキル:Webライターの基本的な知識、稼ぐ技術

この本はこんな人におすすめ 

・Webライター初心者
・Webライターで20万円稼げていない人

ただし、これはKindleでしか読めません。ですが、無料で読む方法があります。

無料でWebライター本を読む方法

今紹介したたなざわさんの本は、AmazonのKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。この内容の本がタダで読めるなんて、信じられないですね。

そして、Kindleだとこの本以外にも、Webライターの本がたくさん無料で読めます。

また、これから紹介する本もKindle版が多く、安く買えるため登録しておいて損はありません。

会員登録して30日は無料で読み放題ですので、めちゃくちゃお得です。

そして、30日以内に解約すれば無料で読めます。解約の手続きもかんたんです。

得しかありませんね。

無料体験30日のKindle Unlimitedに登録

2.沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

この本は漫画になっていますので、簡単にSEOのことが分かります。Webライターやブロガーで、これを読んでいない人はいないというくらい有名な本です。SEOについてはこれを読んでおけば大体のことは理解できるので、初めはこの一冊で大丈夫です。AmazonのKindleだと、200円ほど安く買えますので、おすすめです。

得られるスキル:SEOの知識

この本はこんな人におすすめ 

・Webライター初心者
・SEOについてよく分かっていない人

3.沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

この本も先ほどの著者と同じ人が書いており、これはマーケティングについての本です。難しいマーケティングのことが漫画で簡単に理解できるため、おすすめです。Webライターはマーケティングと関係なさそうに見えますが、クライアントは集客を望んでいるため、マーケティングの知識を記事に反映できれば、クライアントに喜ばれ収入アップの可能性が高まります。

得られるスキル:マーケティングの知識

この本はこんな人におすすめ 

・Webライター初心者
・マーケティングの知識がない人

4.何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

この本は、ネット上の記事を書くサポートをしてくれる本です。文章の書き方だけでなく、人を惹きつけるタイトルの付け方や具体的な応用方法まで書かれています。この本を読むと、もう書くときに迷うことはなくなるでしょう。

得られるスキル:文章の書き方、速く執筆する方法

この本はこんな人におすすめ 

・Webライター初心者
・何を書いたらいいかわからない人
・自分の文章に自信がない人
・書くスピードが遅い人

5.新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)

この本はライター未経験者向けに書かれた本で、構成の考え方・正しい日本語・漢字・接続詞の使い方など基本的なことが書かれています。元々は「ナタリー」というニュースサイトの編集長が書いた本ですので、Webライター向けに書かれている本ともいえます。この本はこれだけで読むのではなく、4位の本と併用して読むほうがより理解が深まっていいでしょう。

得られるスキル:正しい文章の書き方、構成の考え方

この本はこんな人におすすめ 

・Webライター未経験者、初心者
・どうやって構成を作ったらいいかわからない人
・自分の文章に自信がない人

6.形容詞を使わない 大人の文章表現力

この本は形容詞をなるべく使わずに書くことで語彙力が上がり、伝わる文章が書けるという内容の本です。毎回同じような表現になってしまったり、いい表現が浮かばないなどで困っている人におすすめです。

今の文章をよりプロっぽく見せることができます。稚拙な文章だと、応募した案件に採用される可能性が低くなりますので、スキルアップに読んでみることをおすすめします。

得られるスキル:文章の書き方、速く執筆する方法

この本はこんな人におすすめ 

・Webライター中級者以上
・伝わる文章を書きたい人

7.10倍速く書ける 超スピード文章術

ある程度経験のある中級者以上のWebライターなら、書くのもそこそこ早いと思います。ですが中にはまだ書くのが遅かったり、さらにスピードを上げたいという人もいるでしょう。そういう人におすすめなのがこの本です。

著者は「1か月15万字」「5日で1冊」など驚異のスピードで執筆するライターです。この本では、文章を書く前に素材集めをしっかりすることで、書くスピードを速くする方法が書かれています。

Audibleなら初回登録時は無料で聴けます。(後述)

得られるスキル:速く執筆する方法

この本はこんな人におすすめ 

・Webライター中級者以上
・書くスピードが遅い人
・書くときに迷う、悩む人

無料でAudibleを利用する方法

「10倍速く書ける 超スピード文章術」はAmazonの無料体験30日のAudibleに登録“>Audible初回登録で、1冊無料で聴けます。

Audibleは本を音声で聴けるサービスで、本を読みたいけど忙しくて読む暇がないという人におすすめです。通勤時や通学時などの空き時間に読めば、効率的にスキルアップできます。

Kindle Unlimitedと同じく、30日以内に解約すれば1冊無料で聴けます。解約の手続きもかんたんです。

無料体験30日のAudibleに登録

8.頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

この本は、Webライター未経験から初めて、今はWebライティングの講師をしている吉見夏実さんが自身の経験を元に書いた本です。自身の失敗から、Webライターが20万円稼ぐために何をするべきか、注意点、仕事をもらいやすくなる方法などが書かれています。

得られるスキル:Webライターとして稼ぐ技術

この本はこんな人におすすめ 

・Webライター中級者以上
・Webライターで20万円稼ぎたい人

9.ドリルを売るには穴を売れ

マーケティングの知識をさらに深めたいなら、この本がおすすめ。読者が何を求めているのかを知ることは、Webでのマーケティングにとても重要です。それが分かっているか分かっていないかで、随分と記事の内容に差が出てくるからです。

これを読むことで、読者の求めているものを理解し、より訴求性のある記事を書くことができます。ストーリー形式で紹介されているため読みやすく、内容がスッと頭に入ってきます。

得られるスキル:マーケティングの知識

この本はこんな人におすすめ 

・Webライター中級者以上
・マーケティングの知識をより深めたい人

10.全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

これも有名なマーケティングの本で15年ほど前に発売されたのに、いまだに読まれています。全米No.1のセールスライターにより、コピーライティングの極意が書かれています。具体的な文章の例が多く載っているため、参考にしやすいです。

Webライターにとってマーケティングの知識は、あって困るものではありません。もしブログをやるなら、ブログでも活かすことができ、収入が増やせます。できるだけ知識を吸収し、記事に反映させましょう。

得られるスキル:マーケティングの知識

この本はこんな人におすすめ 

・Webライター中級者以上
・マーケティングの知識をより深めたい人

スポンサーリンク

Webライターがおすすめ本を読むことで得られるメリット

Webライターが本を読むことで、結果的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

スキルアップになる

すでにお伝えした通り、Webライターの本を読むことでスキルアップになります。ただし、一度読んだだけでは、100%理解できないことも多いでしょう。何度も繰り返し読み、実際に本を開きながら書いてみて、ようやく自分のスキルとして身につくものです。

これを実践していると、知らず知らずのうちに自分のレベルが上がっていたことに気づくでしょう。

Webライターとしての自信になる

スキルアップしていくと、クライアントから評価されることもあるでしょう。そういう機会があるとうれしいですし、自分の自信にもなります。そうやって一歩一歩プロのWebライターへと近づいて行くのです。お金をもらって書いている以上は、ある意味プロですけどね。

受注件数や単価がアップする

クライアントを満足させることができれば、喜ばれて評価が高くなります。受注後に素早く書いて納品したり、良質な文章を書いていると、クライアントも低い単価では見合わないと思い始めます。

クライアントも、常に良いライターを確保したいというのが本音ですので、継続的に書いてもらうために単価を上げてくれるんですね。

本で学べることは、「速く書く方法」「SEOに強いライティング方法」「正しい文章の書き方」など、様々です。そうやってどんどん知識やテクニックを取り入れることで、クライアントにとって「離したくない人」になれるんですね。

スポンサーリンク

スキルアップは早いほどいい

スキルアップは早くした方が恩恵が大きいです。なぜなら、一度覚えた知識やテクニックは、ずっと生かし続けられるからです。もし1年後に本を読み始めたのなら、1年後まではそのスキルなしで仕事をすることになります。

スキルは高いほどクライアントに喜ばれますので、1年早くスキルを取得していれば、それだけ単価アップしてもらえたり、仕事をもらえる可能性が高まります。ですから、今やらなければ機会損失が大きいのです。

Webライターは誰でも未経験で始められます。

ですが、何もスキルがない状態では仕事を受注できない可能性が高く、仮にできたとしても継続の依頼はもらえないでしょう。

Webライターは初期投資がほとんど0円でできますので、本を数冊買ったとしても2〜3記事書けばすぐに取り戻せます。仮に本に1万円払っても、3000円の記事を3本書けばだいたい回収できますよね。

収入はプラスマイナスゼロになっても、スキルは残ったままですので、どんどん高単価の案件が受注できるようになります。

ものすごいコストパフォーマンスです。

Webライターとして生活していきたい人は、どのみち将来的に20〜30万円は稼がないといけないのですから、早いうちにスキルはなるべく多く習得したほうが得です。ですから、今すぐに行動して、将来を豊かに暮らせるようになりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました