スポンサーリンク

Webライター初心者がブログを運営するべき理由・8つのメリット

Webライター

この記事を読んでいる人は、「Webライターを目指している人」か、「Webライター初心者」だと思います。Webライターをする理由って何でしょうか?ほとんどの場合は収入を得るため、お金を稼ぐためですよね。

お金を稼ぐのが目的なら、できれば働かずに収入が得られたほうがよくはありませんか?特に主婦や学生で子育てや家事、勉強の合間にWebライターをしている人はそうではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、ブログの運営です。Webライターにブログは最高の組み合わせです。特にWebライター初心者こそ、ブログを運営することをおすすめします。

なぜか。一般的な人がブログをやることで得られることは、主にアフィリエイトによる収入です。

一方、Webライターがブログをやると、ブログからの収益だけでなく、仕事の案件がどんどん受注できるようになります。

長く続けることで、ブログ・仕事両方の収入が増えていきますので、安定した生活ができるんですね。やらないよりやったほうがお得です。

まえかき馬
まえかき馬

僕はWebライター3年目ですが、ブログの運営を始めて明らかに受注件数が増えてきました

具体的にどんなメリットがあるのか、詳しく説明しますね。

スポンサーリンク

Webライターがブログを運営するメリット

Webライターが、ブログを書くことで得られるメリットは以下の8つです。Webライターにとって、ブログはこんなにもメリットがあるんです。順に見ていきましょう。

  1. 本業なのでブログが楽に書ける
  2. Webライターとしての執筆スキルが上がる
  3. ブログがポートフォリオ代わりにもなる
  4. SEOの知識をライティングに活かせるようになる
  5. WordPress入稿の仕事も受注できるようになる
  6. 案件が受注しやすくなる
  7. アフィリエイト収入が得られる
  8. ブログから仕事の依頼が来ることもある

本業なのでブログが楽に書ける

Webライターは書くことが本業ですので、ブログを書くのは簡単です。構成もすぐに決められますし、文字数もそれなりに書けます。

もちろん記事のクオリティーも、一般的な人よりは高いです。

ブログを始める多くの人は、記事を書くことに苦戦するため、書き慣れているWebライターは有利だといえます。

Webライターとしての執筆スキルが上がる

仮にWebライター初心者だったとしても、ブログを書いていくことで、執筆スキルを上げることができます

Webライターをこれから始めたいと思っている人も、まずは気軽に始められるブログで書いてみることをおすすめします。

まえかき馬
まえかき馬

ライティングが上手くなっていくにつれて、仕事の受注も増えていきますよ。

ブログがポートフォリオ代わりにもなる

ブログで書いた記事は、Webライターのポートフォリオです。

ブログとはいえ、それも一応自分が執筆した実績ですので、仕事の応募時にクライアントに見せることができます。

見せられる作品があれば、未経験の初心者でも仕事を受注できる可能性が上がりますよ。

ちなみにポートフォリオを作るときは、しっかりしたデザインで作り込むことで、クライアントの信頼を上げることができ、受注につながります

デザインの自信がないときはペライチなどの無料ホームページ作成サイトがおすすめです。

テンプレートに文字や画像を入れるだけで、簡単にプロのようなサイトが作れます

また、自分のブログにリンクすることで、Googleからの評価も上がりやすくなるため、一石二鳥ですね。

無料登録はこちら → ペライチ

まえかき馬
まえかき馬

僕もペライチで作ってます

SEOの知識をライティングに活かせるようになる

ブログを運営していく中で、自分のブログの順位を上げるために、SEOの知識を学ぶ機会があります。

そして、ほとんどのクライアントがSEO知識を取り入れたライティングを求めています

ブログ運営で得たSEO知識を、Webライターの仕事でそのまま活かせますので、ブログで副収入を狙いながら、効率よく案件の受注確率もアップできるというわけです。

WordPress入稿の仕事も受注できるようになる

ランサーズやクラウドワークスで仕事を受注するときに、「WordPress入稿できますか?」と聞かれることがあります。

WordPress入稿とは、執筆したファイルを送るのではなく、クライアントの指定するWordPressブログに直接書いて入稿する方法で、CMS入稿とも呼ばれます。

WordPress入稿を必須にしているクライアントもいますので、WordPressブログの操作に慣れていれば、受注できる仕事の幅が広がり有利です。

まえかき馬
まえかき馬

Webライターにもスキルアップはあります。ブログ運営をすると、たくさんスキルアップできますよ。

案件が受注しやすくなる

Webライターが仕事を受注するとき、ランサーズやクラウドワークスを使うことが多いと思います。

そして、Webライターが案件に応募するときは、自分が執筆した作品を見せることが普通ですよね。

そのとき、多くの場合、装飾されていない文字だけの状態で見せます。

ですが、ブログを運営している場合は、装飾された記事を見せることができます。

装飾されているほうが、文字だけ並んでいる作品よりも読みやすくわかりやすいため、クライアントに良い印象を与えることができるんですね。

そのため、「この人に任せたい!」と思ってもらいやすく、案件が受注しやすくなるんですね。

また、ブログの記事を見せることで、自分の人柄を理解してもらえます。

クライアントも、よく分からない人に仕事を依頼するのは怖いので、どういう人か分かっていると安心して依頼してくれます

まえかき馬
まえかき馬

まだクラウドソーシングに登録してない人はこちらから。

アフィリエイト収入が得られる

ブログを上手く運営できれば、アフィリエイト収入を得られます。

Webライターは、最初はあまり受注できず収入が不安定なことも多いです。そのため、リスクヘッジとして、アフィリエイトでの副収入があれば安心できますよね。

長く続けていれば、Webライターの収入よりアフィリエイトの収入の方が多くなることもあります。

多くの人にとってはそれが理想ではないでしょうか。

まえかき馬
まえかき馬

執筆が本業のWebライターなら、誰よりも早くそこにたどり着けますね!

ブログから仕事の依頼が来ることもある

ブログを運営していると、ブログを通して仕事の依頼が来ることがあります。

ランサーズやクラウドワークスは手数料が20%かかるため、自分のサイトから受注できれば手数料ゼロで、売り上げアップにもつながります。

仕事が増えるのも、ブログをするメリットの1つです。

スポンサーリンク

Webライターがブログを運営するデメリット

メリットは数多くありますが、デメリットはどうなのでしょうか?

もちろんデメリットはありますが、これらはどの職業でも言えることですので、何もWebライターに限ったことではありません

具体的には以下のようなものです。

ブログと仕事を両立するのが難しい

初心者のうちは問題ありませんが、案件が受注できるようになってくると、ブログを書く時間がなくなって更新ができなくなります

ですがこれはどの仕事でも言えることです。ブログを続けている人は、誰でも時間を作って書いています。

まえかき馬
まえかき馬

時間がない場合は、Webライターの仕事を優先し、空き時間にブログを更新しましょう。

最初は報酬がないので書くのがつらい

ブログは始めたばかりの頃が一番きついです。なぜなら、ほとんど誰にも読まれないし、なにより報酬がないからです。

私たちWebライターは「書く報酬をもらえる」という考えができてしまっています

少なくとも最初は、まったく収入がない個人的なブログからは1円ももらえません。

そのため、タダ働きをしているような気持ちになってしまい、モチベーションが下がってしまうのです。

ブログで十分なアフィリエイト収入を得るためには、それなりに時間がかかります。

ですから「仕事の合間に書く」という気持ちで気長にやることをおすすめします。積み重ねれば必ず結果は出ます

そして、生活が楽になり、仕事を減らせて時間もできるでしょう。

まえかき馬
まえかき馬

アフィリエイトのことばかり考えると失敗します。最初はポートフォリオと仕事受注のために運営しましょう。

スポンサーリンク

ライターがブログを運営するときの注意点

ブログはただ運営すればいいだけではありません。いくつか注意するべきポイントがあり、これを守らないと逆に仕事が減ってしまうこともあります。

お問い合わせフォームを設置すること

ブログから仕事の依頼をして欲しい場合は、お問い合わせフォームをわかりやすい場所に設置しておきましょう。

何もなければどうやって仕事を依頼すればいいのか分からず、仕事を受注する機会を逃してしまうかもしれません。

まえかき馬
まえかき馬

必ず最初に設置しておきましょう。

月に2〜3回は更新を

応募先のクライアントや、これから仕事依頼をくれようとしている人がブログを見たときに、まったく更新していないと「あんまりやる気がないのかな?」「仕事はまだ募集しているのかな?」といった不信感や疑問を抱かれるかもしれません。

私たちがインターネットで情報を探すときも、古い日付の情報より、新しい日付の情報を信頼しますよね。

それと同じで、ネットでは古いものは信用が落ちてしまいます

忙しくて更新できないこともありますが、「構成を考える日」「1/3執筆する日」「アイキャッチを探す日」など、部分的に終わらせることで、時間がかかっても書き上げることができます

こういった方法を使って更新を続けましょう。

記事は適当に書かない

当たり前ですが、ブログの記事は適当に書いてはいけません。10記事のうち1〜2記事は日常を適当に綴るのもいいでしょう。

ですが、ほとんどの記事を適当に書いてしまうと、「この人はこんな適当な記事しか書けないんだな」と判断され、仕事が受注できなくなります。

すべての記事がクライアントに見られていると思って、「記事は商品」という気持ちで書きましょう。

書く内容や言葉遣いに気をつける

適当に書くこともダメですが、書く内容や言葉遣いにも注意が必要です。

先ほども言いましたが、ブログはクライアントに見せるものですので、「特定のクライアントの批判」「仕事の愚痴」「過激な発言・暴言」などはマイナスのイメージにしかなりません。

そういう人に仕事の依頼をしたいとは思いませんよね。執筆のレギュレーションでも批判は禁止としているクライアントが多いです。

もしどうしてもそういう記事が書きたいなら、それ用のブログを作りましょう。

スポンサーリンク

ブログってどうやって始めるの?

ブログにメリットがあるのは分かったけど、始め方がわからないという人向けに、開設方法を解説します。

大きく分けると方法は次の2つです。

  1. 無料のブログで書く
  2. WordPressブログで書く

どちらがいいのでしょうか?解説します。

無料のブログで書く

無料のブログとは、以下のように有名なブログサイトのことです。

  • アメブロ
  • はてなブログ
  • Livedoorブログ
  • 楽天ブログ
  • FC2ブログ

無料ブログはその名の通り無料というのがメリットです。

ですが、アフィリエイトを利用できるサイトが少ないことと、利用できてもサービスが終了したり、急に消されたりすれば、今まで書いてきたものが水の泡になります。

実際にアフィリエイトの規約違反ですべて消された人もいます。

Yahoo!ブログでさえ終了した過去がありますので、大手だから安心できるわけではありません。

以上の理由から、無料ブログはあまりおすすめできません

WordPress(ワードプレス)ブログで書く

WordPressブログとは、WordPress(ワードプレス)というブログが利用できるプログラムを使って運営するブログです。

通常はサーバーをレンタルして、そこにWordPressをインストールすることで利用できます。

利用料金はかかりますが、月数百円〜数千円で利用できますし、アフィリエイトで稼げるようになったら、まったく気にならない金額です。

アフィリエイトで稼いでいる人の90%以上がWordPressを利用しています。

以下におすすめWordPressブログの開設方法を書きましたので、参考にしてください。

画像でわかりやすく解説していますので、10分で簡単に自分のブログが開設できますよ。

スポンサーリンク

ブログは収入を倍以上にできるツール!

以上のように、Webライターにとってブログは名刺がわりにもなりますし、ブログ自体で稼ぐこともできます。

メリットばかりですので、書かなければ損です。

特に初心者Webライターの場合は時間があると思いますので、今のうちに土台を整えておくことをおすすめします。

忙しくなってくると、ブログの開設さえできなくなってしまいますからね。

ブログ運営で、Webライター・ブログどちらの収入も倍以上にしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました